1. HOME > 
  2. 事業概要 > 
  3. 事業概要
事業概要

1)炭鉱開発への参加

Clermont Coal Mine

当社は1982年、当社が出資する現地法人JCDオーストラリア社(JCDA)を通じて、豪州クィーンズランド州ブレアソール炭鉱に、 電源開発株式会社とともに資本参加いたしました(現行当社出資比率3.4167%)。ブレアソール炭鉱は1984年に出炭を開始し、2012年11月の閉山に至るまで、年間約1,000万トンから1,200万トンを生産し、長らく日本向け電力用海外炭の安定供給に寄与してまいりました。

(※)2017年5月に,他のJVパートナーと共に当社保有権益の全てを譲渡いたしました。

一方ブレアソール炭鉱の後継として、当社は2007年にJCDAを通じて、隣接するクレアモント炭鉱に資本参加(当社出資比率3.5%)いたしました。

クレアモント炭鉱は、2006年に開発が決定され、2010年5月には第1船を日本向けに出荷いたしました。2016年度には約1,200万トンを生産し、そのうち当社は、約200万トンを日本の電力会社向けに販売しております。

2)海外インフラストラクチャーへの投資

Port Waratah Coal Services Ltd.

当社は、豪州のインフラストラクチャー整備促進への協力という観点から、1982年ニューサウスウェールズ州ニューキャッスル港第3ローダーの運営会社であるKooragang Coal Loader Ltd.(KCL)に、1982年、日本の電力業界を代表して出資いたしました(出資比率7%)。

その後1990年6月、KCLが株式交換によりニューキャッスル港第2ローダーの運営会社であるPort Waratah Coal Services Ltd.(PWCS)に統合されたため、現在当社はPWCSの株主となっております(出資比率4.104%)。
同社の積出能力は、現在1億4,500万トン/年に拡張され、2016年の積出数量は1億946万トンとなっております。

3)国内インフラストラクチャーへの投資

苫東コールセンター

一方、日本国内へのインフラストラクチャー投資としては、北海道厚真町にある苫東コールセンター(1982年7月設立)に出資しております(出資比率10%)。
同社は、1985年1月から本格的に営業を開始し、電力会社等の海外炭輸入中継基地として順調に稼動を続け、2016年度の取扱量は353万トンとなっております。